2014年03月02日

ディナゲスト1日目。

いよいよ始まったホルモン剤。
比較的副作用が穏やかというのが売りのようだが、実際どうか参考に記録しようと思う。

この薬は、子宮内膜症に直接作用し増殖を防ぐという。従来の偽閉経を伴うホルモン療法とは違い、女性ホルモンを必要以上に減らさないという。8割程度の人の月経時の痛み等を緩和していると説明があった。主な副作用は不正出血。ただし、従来のものと同じような更年期障害の様な副作用やうつ状態の悪化もあるらしい。

さて、本日初めて朝晩経口摂取。吐き気などはありがたいことになかった。出血、下腹部痛、落ち込み、小さなことがいつも以上に気になる感じはあったが比較的悪くなかった。明日以降が気になる。


【関連する記事】
posted by ことり。 at 23:02| 東京 ☔| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。